クラブ
ニュースと情報
オーロラの原理
プログラム
リンク
What causes the norther lights

オーロラの科学的解明

典型的なオーロラは地球の上層大気中で早い動きを見せる電子が酸素及び窒素と衝突する事によって発生します。地球の磁界によってコントロールされる宇宙空間である地磁気圏から来る電子が、酸素や窒素ガスぶつかる事によってエネルギーをそれらに与え、余分なエネルギーをチャージさせます。そしてそれらが正常な状態に戻る時に光となってエネルギーを放出させます。

これらの衝突が増大すればするほど、酸素と窒素は光をたくさん放出するので人間の目で見れる可視状態になるのです。この不思議な光は、晴れた夜の空にカラフルな舞を生み出します、これを我々はオーロラと呼ぶのです。大部分のオーロラは高度60~200マイルの地点に発生します。オーロラの光は太陽に比べると断然に弱いものなので日中は地上からその姿を観ることはできません。

なぜさまざまな色が観えるのでしょうか?

オーロラの色は電子が大気中のどのガス、―すなわち酸素又は窒素― に衝突し、それらがどの程度刺激されるかによって決定されます。酸素は緑がかった黄色(これが最も一般的なオーロラの色です)または赤色を発生させ、窒素は通常青色の光を発生させます。これらの色の混合は紫やピンク、白色もかもしだします。酸素と窒素は人工衛星のカメラによってのみ観測され、人の目では観る事の出来ない真紫色を発生させることもあります。

なぜ形の違うオーロラが発生するのでしょうか?

科学者はこの原因を長い間研究し続けてきました。オーロラの形は地磁気圏の電子の源、及び大気中にこの電子を侵入させる過程に起因すると解明しています。オーロラは一晩の内に劇的にさまざまな形に姿を変えることもあります。

ページ1    ページ2    ページ3   

ギャラリー
ギャラリー